みなさんこんにちは。

カモメの仲介、代表の橘博司です。

これから私が「なぜ仲介手数料一律30万円の不動産屋をやろうと思ったか」について説明していきたいと思います。

私が仲介手数料一律30万円の不動産屋を始めた理由は5つあります。

  • 不動産屋の仲介手数料が高すぎる
  • 仲介手数料無料は無料じゃない
  • いくら手数料がかかるのかが分かりにくい
  • 物件価格によって仲介手数料が変化するのがおかしい
  • マンションの仲介と戸建ての仲介で仲介手数料の割合が同じなのはおかしい
  • 不動産屋の仲介手数料が高すぎる

まず、不動産屋の仲介手数料はどう考えても高すぎます。

一般的に不動産を売りたい人、買いたい人は成約価格の3%の金額を仲介手数料として不動産屋に支払います。例えば、5000万円の物件の場合、売りたい人は150万円、買いたい人も150万円の手数料を不動産屋に支払います。

しかし、これはどう考えても高額すぎます。おかしいと思います。

広告料や契約書等の作成代金を考慮しても30万円程度が妥当だと考えました。

家を売りたい、買いたいだけなのに100万円以上も発生するのはどう考えてもおかしいと思い仲介手数料一律30万円の不動産屋を始めようと思いました。

  •  仲介手数料無料の不動産屋は無料じゃない

次に、「仲介手数料無料」とうたっている不動産屋が仲介手数料無料とはならないという事実におかしいと感じました。

実際に、仲介手数料が無料になるのなら正しい表現だと理解できます。しかし、中古マンションの場合、99%の物件が仲介手数料無料にはなりません。(新築戸建ての場合はほとんどのケースで、仲介手数料無料で紹介できます。)仲介手数料無料で紹介できないのに「仲介手数料」と言っている不動産業者が多いことがおかしいと思い、仲介手数料一律30万円の不動産屋を始めようと思いました。

  •  いくら手数料がかかるのかが分かりにくい

不動産会社にいくら手数料がかかるのか料金形態が分かりにくいと感じます。通常は成約価格の3%の料金がかかりますが、成約価格が物件ごとに異なるため、仲介手数料も物件ごとに変動します。「仲介手数料半額」という不動産屋さんも見かけますが、何の半額なのかが一般のお客様にはよくわかりません。(おそらく通常の仲介手数料3%の半額の1.5%で仲介しますよという意味なのでしょうが)

カモメの仲介では一律料金にすることでお客さまが納得できる価格を設定しております。

  • 物件価格によって仲介手数料が変化するのがおかしい

一般的な不動産屋さんの場合、3000万円の物件の仲介手数料は90万円です。8000万円の物件の仲介手数料は240万円です。これっておかしくないでしょうか。

実は3000万円のマンションも8000万円のマンションも仲介会社の仕事はそんなに変わりません。

売主さんから売却依頼があれば広告し契約書を作成します。買主さんから依頼があれば案内をして売主さんと交渉をします。

物件が3000万円だろうが8000万円だろうがその仕事は変わらないのです。

行う仕事は変わらないのにいただく報酬に何百万円もの開きがある・・・

これはおかしいと思い、一律料金の不動産屋を始めようと思いました。

カモメの仲介では3000万円の物件も8000万円の物件も一律30万円の価格を設定しております。

  • マンションの仲介と戸建ての仲介で仲介手数料の割合が同じなのはおかしい

一般的な不動産屋さんの場合、5000万円の中古戸建の仲介手数料は150万円です。5000万円の中古マンションの仲介手数料も150万円です。

マンションの仲介も戸建ての仲介も同じ手数料が発生します。

これっておかしくないでしょうか。

土地というのは「家を建てられるかどうか」によって価値が大きく変わります。様々な法律、規制によってどんな家が建てられるかも変化し物件価値が変わります。

つまり戸建の仲介はマンションよりも大変なのです。

マンションの場合、「家を建てられるかどうか」をそもそも考慮する必要はありません。むしろ、ペットを飼えるかどうか、管理費や修繕積立金はいくらかなど、マンションの中のルールに目を向ける必要があります。戸建ての仲介と比べて、マンションの仲介のほうがトラブルになりにくく、契約書も作りやすいです。

しかし、マンションの仲介手数料も戸建ての仲介手数料も同じです。

おかしくないでしょうか。

カモメの仲介ではマンション仲介一律30万円、戸建ての仲介一律50万円で価格差をもうけております。

いかがでしたでしょうか。以上の5つの理由で一律30万円の不動産「カモメの仲介」をスタートしました。

みなさん、ぜひご利用ください。